So-net無料ブログ作成

タイヤの寿命 [クルマ]

トヨタのヴォクシーに乗っています。 
さて皆さん、車を購入してから、ずっとタイヤを交換していない人はどのくらいいるでしょうか。
車検になって指摘されて初めて交換しようと考えるのです。

しかし、タイヤには寿命があります。そのことを知った上で車を運転しなければなりません。
タイヤの寿命について考えてみましょう。

まず、溝の深さです。
タイヤは走ることによって、少しずつすり減っていきます。
そして、溝が浅くなるのです。

一定のところまで溝がなくなるとスリップの危険性が高くなりますから、それを防止するためにスリップサインがあるのです。
タイヤにスリップサインが出たら、すぐにでもタイヤを交換すべきでしょう。

通常のタイヤでは7mm程度の溝が設けられています。
そして、1.6mmになるとスリップサインが出る仕組みになっています。
スリップサインが出たまま道路を走ることは法律違反となります。
スリップサインは全体が出なくても、一部分で交換しなければならないのです。

それから、ゴムの劣化です。
劣化はスリップサインのように見てすぐわかるわけではありません。
しかし、タイヤの表面にひび割れが出てきますから、注意してみておけばわかるのです。

冬用のタイヤなどを持っている人は、その保管に注意しなければなりません。
1年に少しだけしか使用しないからと言って、何年も持つわけではないからです。
保管場所や保管方法をきちんと守りましょう。

タイヤメーカーの取扱説明書などを読むとよいでしょう。
直射日光や、雨、油、熱源の近くなどは保管場所として不適切ですね。



共通テーマ:自動車