So-net無料ブログ作成
検索選択
クルマ ブログトップ

トヨタ ノアはヴォクシーと兄弟車 [クルマ]

トヨタ VOXYヴォクシー)は、ノアとは兄弟車の関係で、
メカニズム・機能・装備などは共通となります。

ミニバンは、室内の広さを求められ高いフォルムになります。
これが走行性能に関係してきますから、低床フロアによって室内空間を稼ぎながら、
低重心化を図っております。

居住性や利便性はもちろん、操縦安定性にも大きな効果をもたらしています。

上下二段構造のフロントマスクのシャープなイメージを出しており、
特に、エアログレードは、大胆な造形のエアロパーツで、
スポーティな印象となっております。

スペース効率を優先した、典型的な箱型フォルムとしていますが、
他車と一線を画す個性を打ち出しています。


クラウンマジェスタはハイブリッド専用車 [クルマ]

クラウンマジェスタは、
トヨタの最高級セダンにふさわしい、落ち着いた風格、
時代の先端を走る、先進技術を備えた、
我が国の高級車を力強くリードするモデルです。
現行型のクラウンマジェスタは、
ハイブリッド専用車となっています。
 
大排気量でなくとも、高級サルーンにふさわしい、
走りと燃費性能の両立を、味わわせます。 

ダイハツ人気の軽トールワゴン タント [クルマ]

ダイハツ人気の軽トールワゴン、 タント
 
タントは、クラスを超えた室内スペースを誇り、
助手席ドアと左側スライドドアの間の柱をなくし、
つながって大きく開く 「ミラクルオープンドア」 がいいです。
 
いずれの席も乗り降りが簡単で、後席には足元にも大きな荷物を積んだり、
チャイルドシートをつけたりするのもやさしく、
安心に子供を乗せることの出来る、軽自動車です。
 
こうした特徴は、子育て真っ最中のユーザーにとって、
実に魅力的と言えます。


車の査定はインターネット無料査定の活用を [クルマ]

大手車買い取り店で車査定をしてもらうのに、料金はかかりません。
中古車買い取り店の多くもそうですが、インターネットから車査定も無料でしてもらえます。
車を買い換える際に、下取りに出すべきか比較するために、大手車買い取り店の無料車査定は、是非使ってみたいサービスです。

大手車買い取り店の車査定は、自社で車の買い取り、販売するという、直販方式を取っている会社だからこそ、他社より高い価格を出すことができるのです。

流通コストを最小限まできるように、車の査定から買取、修理、販売、アフターサービスまで、全て自社で行っているからです。
削減できたコストを車査定額に上乗せして、お客さんに還元できるのです。

数社の査定が一括で、在宅のままパソコンで受けられるので、思わぬ高額査定の出る会社が、みつかるかも知れません。


トヨタ オーリス の120T [クルマ]

トヨタ オーリスのマイナーチェンジを2015年4月に行い、
オーリス120Tが追加されました。
 
特徴は、 
 ・パワーと低燃費を両立した新エンジンとしている  (19.4 km/L  /  Hybrid  30.4 km/L)
 ・先進安全装備 toyota safety Sense C を設置
 ・さらに上質感を増したインテリアの意匠
 
日本も以前はターボ先進国でしたが、軽自動車以外のターボ車が一挙に減少、
その後の欧州勢が環境技術として成功させました。

この悔しさを晴らす1台が、マイナーチェンジで追加された、オーリスの「120T」です。
パワーと低燃費を両立した新エンジンの、ダウンサイジングターボに注目してください。 

ダイハツ・タントの主要諸元 [クルマ]

★ダイハツ・タントの主要諸元

 エンジン 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
 排気量(cc) 658

 最高出力 kW(PS)/rpm 43(58)/7,200
 最大トルク N・m(kg-m)/rpm 65(6.6)/4,000
 最小回転半径(m) 4.5

 全長×全幅×全高(mm) 3,395×1,475×1,750
 ホイールベース(mm) 2,490
 車両重量(kg) 940 
 乗車定員(名) 4 

 

 

 

 

 

 


タイヤの寿命 [クルマ]

トヨタのヴォクシーに乗っています。 
さて皆さん、車を購入してから、ずっとタイヤを交換していない人はどのくらいいるでしょうか。
車検になって指摘されて初めて交換しようと考えるのです。

しかし、タイヤには寿命があります。そのことを知った上で車を運転しなければなりません。
タイヤの寿命について考えてみましょう。

まず、溝の深さです。
タイヤは走ることによって、少しずつすり減っていきます。
そして、溝が浅くなるのです。

一定のところまで溝がなくなるとスリップの危険性が高くなりますから、それを防止するためにスリップサインがあるのです。
タイヤにスリップサインが出たら、すぐにでもタイヤを交換すべきでしょう。

通常のタイヤでは7mm程度の溝が設けられています。
そして、1.6mmになるとスリップサインが出る仕組みになっています。
スリップサインが出たまま道路を走ることは法律違反となります。
スリップサインは全体が出なくても、一部分で交換しなければならないのです。

それから、ゴムの劣化です。
劣化はスリップサインのように見てすぐわかるわけではありません。
しかし、タイヤの表面にひび割れが出てきますから、注意してみておけばわかるのです。

冬用のタイヤなどを持っている人は、その保管に注意しなければなりません。
1年に少しだけしか使用しないからと言って、何年も持つわけではないからです。
保管場所や保管方法をきちんと守りましょう。

タイヤメーカーの取扱説明書などを読むとよいでしょう。
直射日光や、雨、油、熱源の近くなどは保管場所として不適切ですね。


クルマ ブログトップ